きれいな肌を作るには、”皮膚常在菌”のなかの「美肌菌」に元気になってもらうことです。

・・・皮膚常在菌?・・・美肌菌?

おそらく、初めてその存在を聞いた人もいるかもしれませんね。



皮膚には、様々な菌類が常駐しています。


有名なのは、ニキビを作る”アクネ菌”などですが、同じく菌類でもいわゆる”美肌菌”というものに属する菌も、皮膚にはたくさん住んでいます。


それらが皮膚の上で切磋琢磨しながら、毎日縄張り争いをしている・・・そんなイメージでしょうか。

悪い菌もいますが、良い菌もいて、そのバランスが大切なのは腸内細菌と同じですね。



皮膚の美肌菌バランスを知れば、自分にぴったりの化粧品が見つかるかもしれませんね。
(世界初の美肌菌ドッグなんてものもありますよ)




美肌菌が元気になって増えてくれることで、皮膚は健康で正常な状態に保たれます。

その美肌菌のエサとなるのが、砂糖などの成分であるブドウ糖なのです。




つまり、きれいな肌を作るためには、美肌菌に元気になってもらうことであり、美肌菌の数を増やすことが重要。

そのためには、美肌菌のエサであるブドウ糖を与えてあげる事が、美肌を作るための、いわば最も簡単な方法だとも言えるのではないでしょうか。




肌の深層部にまで水分を浸透させて細胞隊列を整え、肌本来の性能を発揮できる状態に近づけること。

肌を健康な状態に保とうとする”美肌菌”のエサである「ブドウ糖」を与え、美肌菌の力も利用して肌を健康な状態に戻す。





みんなの肌潤糖」は、肌深層部に水分を届け、なおかつ美肌菌にブドウ糖を与えるとう、ダブル効果で肌を本来の形に戻すことができる肌ケアです。