乾燥肌の人の多くは、かゆみを伴っているはずです。

乾燥肌になるとなぜかゆみを伴うのでしょうか?

まず通常、肌表面というのはうっすらと皮脂が覆っています。
皮脂とは毛穴から出てくる脂分なのですが、普通肌の人は皮膚表面が皮脂というバリアに守られているため、外気の影響から守られているためにかゆいといった感覚はないのです。

皮膚が外気に直接さらされていないため、空気中のばい菌やウイルスなどからも守られ、またうっすらと皮脂が覆うことで皮膚表面からは水分が逃げにくい状態、つまり保湿状態が保たれています。

ところが乾燥肌の人は、皮脂が出にくいため、皮膚表面が直接外気に触れています。

そのため外気からの刺激を受けてかゆみを感じ、我慢できずにかいてしまうことで益々バリアがはがれてしまうという悪循環を繰り返しています。


乾燥肌の対策の順番として、まずは外気から皮膚を守る「保湿」が優先されます。

保湿クリームなどを頻繁に塗ることで、かゆみを極力止める事が可能です。

そうして常にかかなくても済むような状態を保湿クリームを切らさないことで作ってやり、あとは自身の自然治癒力を待つ、という事になるのですが・・・。

乾燥肌が慢性化していると、なかなか皮膚の保湿力は戻ってきません。

保湿クリームで皮膚を保護する事で、肌そのものが自ら皮脂を出して皮膚表面を守る必要が無くなるため、自然治癒力も弱ってしまうのです。

これを打開するためには、皮膚表面を保護しつつも肌細胞そのものが自ら保湿力をアップできるように促す事です。

それこそが、本当に意味で乾燥肌対策であり、乾燥肌=保湿クリームが手放せない という状況から逃れられる方法です。

奇跡の肌砂糖は、浸透力の強い砂糖を更に特殊加工して細かい粒子にし、細胞の奥底まで浸透しやすいようにして細胞の保湿力を活性化させる役割を果たします。

ただ、奇跡の肌砂糖で肌を潤わせても、最初のうちは皮脂が出にくいために肌バリアが作りにくい状況だとおもうので、保湿クリームとの併用をおすすめします。

奇跡の肌砂糖を使い続けて肌細胞が保湿力を取り戻せば、自然に保湿クリームは必要なくなるはずです。

ぜひ奇跡の肌砂糖で、肌の自然治癒力を元通りもどして、乾燥肌のかゆみから開放されてください。

↓   ↓

『奇跡の肌砂糖』