乾燥肌の人で敏感肌も伴っている人の場合、皮膚のバリア機能が著しく低下しています。

正常な皮膚というのは、常に肌表面をうっすらと皮脂が覆っている状態なので、肌そのものが外部からの影響を受けにくいということ。

外部というのは外気に含まれているばい菌や細菌、ウイルス、ホコリなど。
ほかにも肌に直接あたる服なんかも外部からの刺激ですね。

こういった外部の刺激に肌の神経が敏感になるのは、皮膚表面の皮脂がほとんど無いわけですから、まずは皮膚表面近くを正常化させてあげなければ解決になりません。


乾燥肌・敏感肌の人の場合は、お風呂で肌を洗う時はしっかりと石鹸やボディソープを泡立ててから使うことが重要です。

そして、肌は”泡で洗う”のが基本。

洗顔と一緒で、肌を直接ゴシゴシとこするのではなく、しっかりと泡立てた泡の粒ひとつひとつを、肌表面にころがすように洗うんです。

ゴシゴシやっちゃうと、肌表面の必要な皮脂まで取り去ってしまう事になります。
毛穴や肌表面のよごれだけを、泡の粒をころがして洗うイメージで。

それでもお風呂上がりでしばらくすると、やっぱり肌がかゆくなったり、服が当たるとチクチクとしてしまいますよね?

そんな時は馬油(バーユ)入りのクリームを塗って対処しておきましょう。

馬油(バーユ)は人の皮脂に非常に近い成分の動物性油脂で、人の肌に素早く浸透していきます。

普段は馬油(バーユ)入りクリームで皮脂バリアの代わりをして、乾燥肌・敏感肌を本格的に正常肌に戻すために「奇跡の肌砂糖」を処方する、そういった使い方をすれば、比較的早く効果が現れると思いますよ。