お風呂上がりに特に乾燥肌ぎみの肌がかゆくなる

いわゆる、赤いポツポツが出るのであればじんましんがそれに当たりますが、じんましんではなく乾燥肌の場合はやはり保湿が必要です。

乾燥肌や敏感肌の人は、お風呂での体の”洗いすぎ”に注意してください。

体をゴシゴシと洗いすぎると、皮膚表面の皮脂を落としてしまうため、外気に触れたときにそれが直接皮膚に刺激となってかゆくなります。


ましてや、お風呂から上がって体を拭いた直後というのは、特に皮膚から水分が蒸発しやすい状態です。
つまり、少し水分が皮膚に残っている状態の時が、最も水分蒸発が活発なんです。


お風呂上がりに体を拭いたら、すぐにボディオイルなどで皮膚表面を保湿してあげてください。

ある程度乾燥肌がよくなるまでは、体を洗いすぎないこと、保湿力の高いボディシャンプーを使うこと、お風呂から出たらとにかく保湿をたっぷりと行うこと。



特に冬は外気がすでに乾燥しているので、皮膚の水分が蒸発しやすくなっていますから、なるべく早く全身を保湿することを心がけましょう。


そして朝と晩、みんなの肌潤糖
で皮膚の深層部分にまで水分を浸透させることで、肌を徐々に正常な状態に戻す”訓練”をすることをお忘れ無く。

保湿はもちろん大事ですが、保湿だけにこだわっていると根本的な乾燥肌対策にはなりませんから。