乾燥肌対策:食事のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:乾燥肌対策:食事

乾燥肌対策:食事のカテゴリ記事一覧。肌が弱い・・・皮膚のかゆみや湿疹、発疹、アレルギー、アトピーなどに長年悩まされているなら、ぜひ「みんなの肌潤糖」を試してみませんか?赤ちゃんの肌にも使える天然原料。何をやっても改善されなかった肌トラブルに。

乾燥肌対策:食事
ベータカロテンは体から出る皮脂をコントロールしてくれる役割も果たしてくれます。皮脂は乾燥から肌を守る重要な役割を果たします。代謝がよくなり、乾燥肌も防ぎ、皮脂…

記事を読む

乾燥肌対策:食事
ベータカロテンと聞いて一番に思い出すのは緑黄色野菜でしょうか。確かに、緑黄色野菜にはベータカロテンが多いので、毎日の食事に積極的の取り入れるのは乾燥肌にも効果…

記事を読む

乾燥肌対策:食事
乾燥肌=化粧品 など、どうしても体の外側からケアする事だけを考えがちになりますが、体の中からも乾燥肌を改善することも可能なんです。もちろん、水をいつも飲むとか…

記事を読む

ベータカロテンを積極的に摂って乾燥肌対策を!

ベータカロテンは体から出る皮脂をコントロールしてくれる役割も果たしてくれます。
皮脂は乾燥から肌を守る重要な役割を果たします。
代謝がよくなり、乾燥肌も防ぎ、皮脂も調節してくれる、ベータカロテンは肌にも体にも良いことばかりの栄養素なんです。


ベータカロテンを多く含む緑黄色野菜は、かぼちゃ、人参、ホウレンソウなどといった色の濃い野菜が中心となります。
特に旬の野菜には栄養が豊富で甘みもあるので、料理の色どりなどの見た目も良くなりますし積極的に毎日のメニューにいれてみてはいかがでしょう。


では、乾燥肌対策としてこれらの野菜をどのくらい摂ればいいのでしょうか?

毎日食べる乾燥肌対策としての1日の緑黄色野菜摂取量は、100グラムが適量です。
ほかにも淡色野菜を200グラム、これが理想です。

緑黄色野菜は、かぼちゃ、人参、ホウレンソウ、小松菜、ピーマン、ブロッコリー、パセリなどの色の濃い野菜です。

対して淡色野菜は、はくさい、キャベツ、ジャガイモなど、色の薄い野菜となります。

緑黄色野菜を100グラム、淡色野菜を200グラムの計300グラムが理想なのですが、忙しい現代人にとってこれを毎日・・・難しいですよね。

ただ、難しいからこそこれをやり遂げた人だけが乾燥肌に悩まされない毎日を過ごす事ができる、というのも事実なんです。
人が難しい、できない、ということをやっているからこそ、「あの人の肌はきれい」と憧れの人になれるわけです。


ただ、それだとお金と時間に余裕があって料理が好きな人じゃないと健康な肌になれない、ということになりますよね。

だからこそ、時間や手間を防ぐためのサプリメントがあるんです。
サプリメントに頼るのは本末転倒ですが、あくまでも毎日の栄養補助としてはサプリメントというのは手間・時間・お金全てにおいて最も効率の良い栄養補給方法となります。

上手に利用しましょう。

乾燥肌に良いとされている食材とは

ベータカロテンと聞いて一番に思い出すのは緑黄色野菜でしょうか。

確かに、緑黄色野菜にはベータカロテンが多いので、毎日の食事に積極的の取り入れるのは乾燥肌にも効果絶大です。

必須脂肪酸も乾燥肌対策にはいいです。

ではなぜこのベータカロテンや必須脂肪酸が乾燥肌対策に良いとされているのでしょうか?


必須脂肪酸というのはあまり耳馴染みがない成分だと思います。
必須脂肪酸というのは、細胞膜組織の主要成分です。
足りなくなると肌が乾燥してしまうんです。

必須脂肪酸はホルモンバランスに影響を与えているほかに、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれます。
美肌に必要なだけでなく、体を元気にしてくれる女子力アップにも役立つ成分です。


必須脂肪酸は青魚に多く含まれています。
いわし、さば、さんまなどですね。

ほかにも今流行のオリーブオイルにも必須脂肪酸は多く含まれています。
オリーブオイルはムニエルなどで利用されますし、比較的料理の応用が利く使いやすい食材ですね。


そしてベータカロテンですが、抗酸化作用が非常に強い事で有名です。
酸素を取り入れる人間の体はどうしても酸化が避けられません。
ですから抗酸化作用のあるベータカロテンをたくさん摂る事で酸化を防ぎ、肌をみずみずしく保つうえにアンチエイジング作用まで期待できるとても大切な栄養素だといえます。


乾燥肌対策は食事にも気を使いましょう

乾燥肌=化粧品 など、どうしても体の外側からケアする事だけを考えがちになりますが、体の中からも乾燥肌を改善することも可能なんです。

もちろん、水をいつも飲むとかそういったものではもちろんなく、毎日の食事の内容を工夫することで乾燥肌を改善する事はできるんです。

化粧品などの体の外側からのケアと同時に、普段の食事を気をつけながら乾燥肌対策すれば効果も倍増すると思いませんか?


食事で気をつける、といわれると何をするのでしょう。

よく言われるのは、辛い物。
辛いというと、唐辛子などですね。

唐辛子とか生姜とか、辛い物は新陳代謝が良くなることはあなたもご存じでしょう。
食べ過ぎはよくありませんが、このような辛い物を食事に積極的に取り入れる事で新陳代謝が良くなり、乾燥肌が改善した、という事もあるのです。

逆に、刺激のあるものをとりすぎるのはよくない、肌にも体にもよくないという説もありますよね。
人というのは個人差が結構あるので、辛い物や刺激物に弱い人は逆効果にも成り得るということなんです。
ですから、ちょっと試してみて自分には合わないと思えば辛い物や刺激物を積極的に取り入れる事はすぐにやめたほうがいいですし、やめれば済む話でもありますが。


他にも、乾燥肌に限らず肌に良いとされている成分で有名なのはベータカロテンですね。
ビタミンAとも言われます。

ほかにも、ビタミンCは肌を白くしてくれたり抗酸化作用もありますし、必須脂肪酸なども食材に適度に入れて毎日摂取すると、肌に良いとされています。
こちらは刺激物ではないので、体に合わないということもないですしね。


カテゴリ
リンク集
最近の記事
タグクラウド
Powered by さくらのブログ
Copyright © 皮膚のかゆみ、湿疹、アレルギーに困っていますか? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ひまわり証券で口座開設