皮膚 かゆみ,発疹 かゆみ,皮膚 アレルギー,顔 湿疹,顔 かゆみ

記事一覧

皮膚のかゆみ、湿疹に「奇跡の肌砂糖」を
季節の変わり目に、肌がカサカサ・・・いや、ガサガサになってしまうあなた。馬油やワセリン、保湿クリームなどで保湿を心がけても、いっこうに治る様子がないのではあ…

記事を読む

乾燥肌克服方法
世界中の化粧品メーカーから乾燥肌対策の化粧品が毎年のように新商品を開発しています。あまりあるほど世の中には乾燥肌対策商品があふれているのに、なぜ乾燥肌に悩む…

記事を読む

日常から乾燥肌対策を!
お風呂上がりに特に乾燥肌ぎみの肌がかゆくなるいわゆる、赤いポツポツが出るのであればじんましんがそれに当たりますが、じんましんではなく乾燥肌の場合はやはり保湿…

記事を読む

まるでゾウのようなカサカサ肌の根本的解決法は?


季節の変わり目に、肌がカサカサ・・・いや、ガサガサになってしまうあなた。

馬油やワセリン、保湿クリームなどで保湿を心がけても、いっこうに治る様子がないのではありませんか?

それはなぜかというと、馬油もワセリンも市販の保湿クリームも、肌の表面を保湿しているだけにすぎないからなんです。



たしかに、馬油などを塗ると、一時的に肌のカサカサ感は薄れます。

その間は、カサカサ肌のかゆみなども少しの間、忘れる事ができるから安心してしまうのでしょうが、それではいわゆる”臭いものに蓋をする”だけ。



肌表面がカサカサになるのは、肌の表面よりも奥の深い部分の保湿ができてないからなんです。


肌を形作る土台部分の水分量が足りてないから、肌表面はカサカサしてしまう。


だから付け焼き刃的に、その場しのぎで馬油やワセリンや保湿クリームを塗っても、それじゃあ一生、カサカサやかゆみをごまかすために、そのたびに塗り続けなければならないと思いませんか?



そうではなく、もっと肌の深い部分への保湿アプローチ方法が必要なんです。

根本的なにカサカサ肌、乾燥肌を良くするには。


だからこそ、「みんなの肌潤糖
」の肌への浸透力が必要なんです!


もちろん、「みんなの肌潤糖
」だって、1週間やそこらでカサカサ肌が良くなる事はあり得ません。


長いスパンで使い続け、肌の深層部にまで繰り返し保湿を行うことで徐々に肌の深層部の細胞がほぐれ、肌本来の正しい機能をよみがえらせてくれるんです。


単にその場限りの肌表面の保湿だけをしても、乾燥肌克服の根本的解決にはならない、という事がおわかりいただけたでしょうか?


もう、カサカサの肌は自分の宿命だ・・・などとあきらめていませんか?


そんなあなたにこそ、ぜひこの「みんなの肌潤糖
」を試してもらいたい!

気長に、でも毎日忘れずに試してもらいたいんです。



気になったのであれば、ぜひクリックしてこの事実を確かめてみてください!

クリック! ⇒ 詳細はこちら!











なぜ乾燥肌が克服できないのか?その理由とは?



世界中の化粧品メーカーから乾燥肌対策の化粧品が毎年のように新商品を開発しています。
あまりあるほど世の中には乾燥肌対策商品があふれているのに、なぜ乾燥肌に悩む人がいなくならないのでしょうか?


その答えは簡単です。

乾燥肌対策の化粧品は、肌の深層部の細胞までは潤してくれないから

肌の表皮部分をいくら潤わせても、根本的に乾燥肌を治す、というレベルにまでは到達しないからなんです。


肌というのは、大きく分ければ表に見えている表皮と、表皮の下でコラーゲンを主体として肌の土台を形成している真皮に分かれています。


現在の技術においては、真皮部分にまで保湿できる化粧品は皆無です。


だから本当の美容を追求するなら、表面を整える化粧品に加え、内側からきれいにする”飲むコラーゲン”などの栄養補助食品を一緒に摂らなければいけない、と言われるわけです。



そして乾燥肌対策において、絶対的に重要なのは「保湿」。

肌を保湿する保湿化粧品などのように、

表面だけの保湿は”応急処置”に過ぎません。


大切なのは、表皮の下で肌の土台を作っている真皮部分を保湿すること。

でないと、応急処置だけの乾燥肌対策では、一生同じ事を繰り返さなければなりません。


そのためには、肌の深層部にまで水分を届ける必要があります。
しかし現代の化粧品技術では限界があるのも事実。



でも、浸透力が高く、肌の深層部にまで水分をねじ込むことが可能な性質のあるものがあります。

それが砂糖。


砂糖は大変浸透力が高いのですが、通常の砂糖では肌の奥にまでは浸透しづらいもの。
肌の脂分が邪魔をするんです。


みんなの肌潤糖」は、砂糖を特殊なオイルでコーティングしているため、皮脂の邪魔をされずに肌の深層部にまで届き、肌深層部の保湿を補助します。


乾燥肌の人の肌は、表皮はもちろん真皮部分も細胞が整然と並んでいません。
細胞そのものが、肌本来の性能を発揮できないくらい、細胞がガタガタに荒れているから


そのガタガタの細胞に浸透力の高い特殊な砂糖を与える事で水分を与えて保湿、その行為を繰り返すことによって徐々に荒れて固くなっている細胞がやわらかくなり、やがて本来の形に並び出します。


土台である真皮部分の細胞がきれいに並べば、その上にある表皮の細胞もきれいに並びますから、肌は本来の性能を発揮し、正しく皮脂を出して乾燥を防ぐ、本来の肌になっていくのです。


どんな乾燥肌ケア商品を使っても未だに乾燥肌で悩んでいるのであれば、それは肌の深層部が肌本来の性能を発揮できないほどに荒れているのではないですか?


”化粧品””クリーム””ステロイド”主体の乾燥肌対策を一度リセットして、肌の深層部の細胞を整えるケア方法に変えてみてはいかがですか?


みんなの肌潤糖






お風呂上がりに体中がかゆくなる


お風呂上がりに特に乾燥肌ぎみの肌がかゆくなる

いわゆる、赤いポツポツが出るのであればじんましんがそれに当たりますが、じんましんではなく乾燥肌の場合はやはり保湿が必要です。

乾燥肌や敏感肌の人は、お風呂での体の”洗いすぎ”に注意してください。

体をゴシゴシと洗いすぎると、皮膚表面の皮脂を落としてしまうため、外気に触れたときにそれが直接皮膚に刺激となってかゆくなります。


ましてや、お風呂から上がって体を拭いた直後というのは、特に皮膚から水分が蒸発しやすい状態です。
つまり、少し水分が皮膚に残っている状態の時が、最も水分蒸発が活発なんです。


お風呂上がりに体を拭いたら、すぐにボディオイルなどで皮膚表面を保湿してあげてください。

ある程度乾燥肌がよくなるまでは、体を洗いすぎないこと、保湿力の高いボディシャンプーを使うこと、お風呂から出たらとにかく保湿をたっぷりと行うこと。



特に冬は外気がすでに乾燥しているので、皮膚の水分が蒸発しやすくなっていますから、なるべく早く全身を保湿することを心がけましょう。


そして朝と晩、みんなの肌潤糖
で皮膚の深層部分にまで水分を浸透させることで、肌を徐々に正常な状態に戻す”訓練”をすることをお忘れ無く。

保湿はもちろん大事ですが、保湿だけにこだわっていると根本的な乾燥肌対策にはなりませんから。



カテゴリ
リンク集
最近の記事
タグクラウド
Powered by さくらのブログ
Copyright © 皮膚のかゆみ、湿疹、アレルギーに困っていますか? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ひまわり証券で口座開設