皮膚 かゆみ,発疹 かゆみ,皮膚 アレルギー,顔 湿疹,顔 かゆみ

記事一覧

日常から乾燥肌対策を!
冬になると特に乾燥肌に悩んでいる方にとっては、辛い季節がやってきますね。乾燥肌には、とにかく保湿!保湿!しつこいくらい保湿が大切なので、お風呂上がりなどには…

記事を読む

皮膚のかゆみ、湿疹に「奇跡の肌砂糖」を
季節の変わり目に、肌がカサカサ・・・いや、ガサガサになってしまうあなた。馬油やワセリン、保湿クリームなどで保湿を心がけても、いっこうに治る様子がないのではあ…

記事を読む

乾燥肌克服方法
世界中の化粧品メーカーから乾燥肌対策の化粧品が毎年のように新商品を開発しています。あまりあるほど世の中には乾燥肌対策商品があふれているのに、なぜ乾燥肌に悩む…

記事を読む

乾燥肌にいい食べ物はこれ!内と外から乾燥肌対策を!


冬になると特に乾燥肌に悩んでいる方にとっては、辛い季節がやってきますね。

乾燥肌には、とにかく保湿!保湿!しつこいくらい保湿が大切なので、お風呂上がりなどには必ず全身用のクリームなども活用してください。

もちろん、乾燥肌を根本から解決するためにみんなの肌潤糖
で、肌の深層部分の細胞へ水分を届ける回数を増やして、深層部分の細胞を柔らかくするようにしてくださいね。

加湿器も絶対に必需品です。


それ以外にも、やはり血行をよくする事が乾燥肌には必要です。
ぜひ、食事も意識して血行の良くなる食べ物、体が温まる食べ物を取るようにしてみてください。

体の内側と外側から乾燥肌にアプローチしていくことが、早く改善する秘訣です。


乾燥肌にいいと言われているものに、βカロテンやビタミンC、リコピンなどがあります。

乾燥肌にいい食べ物である、緑黄色野菜は積極的に食べましょう。

おそらく、乾燥肌の人は緑黄色野菜をしっかりと食べていないのではないでしょうか?


また、トマトにはリコピンがたくさん含まれています。
リコピンは美肌を作る最強の奇跡の栄養素で、体の代謝を活発にし、血液をサラサラにしてくれるので血行がよくなり、体内の毛細血管までしっかりと血液循環してくれますよ。

ぜひリコピンはしっかりと摂っていきましょう。

ただ、トマトそのものを食べるよりも、トマトジュースやトマトケチャップなどのほうがリコピン含有率ははるかに高く、しかも経済的にも安くつくのでぜひジュースやケチャップを上手に利用してください。


トマトが苦手・・・という方は、トマトリコピンを利用したサプリメントなどでもいいと思います。


ほかにも良質なたんぱく質が豊富な大豆食品には、ビタミンEやビタミンB2といった乾燥肌に良いとされる成分がたっぷり。

おすすめは納豆で、あのネバネバ物質が保湿に効果があると言われています。

納豆が苦手な人は、納豆以外の大豆食品を意識して摂るようにしてくださいね。


そして、ゴマやナッツ類も乾燥肌には最適の食品です。
どちらもビタミンE、ビタミンB2といった乾燥肌に有効な成分をたっぷりと含んでいます。

ただし、ゴマは必ずすりゴマを利用してください。
ゴマはそのままだと栄養が全く吸収されないので、めんどうでも必ずすり鉢などですってから利用しましょう。


冷や奴などにすりゴマをたっぷりとかける、など、工夫次第で乾燥肌に良い食事は以外と簡単にできますから春までの数ヶ月間、食事で内側から、みんなの肌潤糖
で外側から、あせることなく毎日少しずつ乾燥肌対策をしていきましょう。


補足ですが、冬でも紫外線対策は必須ですよ。





まるでゾウのようなカサカサ肌の根本的解決法は?


季節の変わり目に、肌がカサカサ・・・いや、ガサガサになってしまうあなた。

馬油やワセリン、保湿クリームなどで保湿を心がけても、いっこうに治る様子がないのではありませんか?

それはなぜかというと、馬油もワセリンも市販の保湿クリームも、肌の表面を保湿しているだけにすぎないからなんです。



たしかに、馬油などを塗ると、一時的に肌のカサカサ感は薄れます。

その間は、カサカサ肌のかゆみなども少しの間、忘れる事ができるから安心してしまうのでしょうが、それではいわゆる”臭いものに蓋をする”だけ。



肌表面がカサカサになるのは、肌の表面よりも奥の深い部分の保湿ができてないからなんです。


肌を形作る土台部分の水分量が足りてないから、肌表面はカサカサしてしまう。


だから付け焼き刃的に、その場しのぎで馬油やワセリンや保湿クリームを塗っても、それじゃあ一生、カサカサやかゆみをごまかすために、そのたびに塗り続けなければならないと思いませんか?



そうではなく、もっと肌の深い部分への保湿アプローチ方法が必要なんです。

根本的なにカサカサ肌、乾燥肌を良くするには。


だからこそ、「みんなの肌潤糖
」の肌への浸透力が必要なんです!


もちろん、「みんなの肌潤糖
」だって、1週間やそこらでカサカサ肌が良くなる事はあり得ません。


長いスパンで使い続け、肌の深層部にまで繰り返し保湿を行うことで徐々に肌の深層部の細胞がほぐれ、肌本来の正しい機能をよみがえらせてくれるんです。


単にその場限りの肌表面の保湿だけをしても、乾燥肌克服の根本的解決にはならない、という事がおわかりいただけたでしょうか?


もう、カサカサの肌は自分の宿命だ・・・などとあきらめていませんか?


そんなあなたにこそ、ぜひこの「みんなの肌潤糖
」を試してもらいたい!

気長に、でも毎日忘れずに試してもらいたいんです。



気になったのであれば、ぜひクリックしてこの事実を確かめてみてください!

クリック! ⇒ 詳細はこちら!











なぜ乾燥肌が克服できないのか?その理由とは?



世界中の化粧品メーカーから乾燥肌対策の化粧品が毎年のように新商品を開発しています。
あまりあるほど世の中には乾燥肌対策商品があふれているのに、なぜ乾燥肌に悩む人がいなくならないのでしょうか?


その答えは簡単です。

乾燥肌対策の化粧品は、肌の深層部の細胞までは潤してくれないから

肌の表皮部分をいくら潤わせても、根本的に乾燥肌を治す、というレベルにまでは到達しないからなんです。


肌というのは、大きく分ければ表に見えている表皮と、表皮の下でコラーゲンを主体として肌の土台を形成している真皮に分かれています。


現在の技術においては、真皮部分にまで保湿できる化粧品は皆無です。


だから本当の美容を追求するなら、表面を整える化粧品に加え、内側からきれいにする”飲むコラーゲン”などの栄養補助食品を一緒に摂らなければいけない、と言われるわけです。



そして乾燥肌対策において、絶対的に重要なのは「保湿」。

肌を保湿する保湿化粧品などのように、

表面だけの保湿は”応急処置”に過ぎません。


大切なのは、表皮の下で肌の土台を作っている真皮部分を保湿すること。

でないと、応急処置だけの乾燥肌対策では、一生同じ事を繰り返さなければなりません。


そのためには、肌の深層部にまで水分を届ける必要があります。
しかし現代の化粧品技術では限界があるのも事実。



でも、浸透力が高く、肌の深層部にまで水分をねじ込むことが可能な性質のあるものがあります。

それが砂糖。


砂糖は大変浸透力が高いのですが、通常の砂糖では肌の奥にまでは浸透しづらいもの。
肌の脂分が邪魔をするんです。


みんなの肌潤糖」は、砂糖を特殊なオイルでコーティングしているため、皮脂の邪魔をされずに肌の深層部にまで届き、肌深層部の保湿を補助します。


乾燥肌の人の肌は、表皮はもちろん真皮部分も細胞が整然と並んでいません。
細胞そのものが、肌本来の性能を発揮できないくらい、細胞がガタガタに荒れているから


そのガタガタの細胞に浸透力の高い特殊な砂糖を与える事で水分を与えて保湿、その行為を繰り返すことによって徐々に荒れて固くなっている細胞がやわらかくなり、やがて本来の形に並び出します。


土台である真皮部分の細胞がきれいに並べば、その上にある表皮の細胞もきれいに並びますから、肌は本来の性能を発揮し、正しく皮脂を出して乾燥を防ぐ、本来の肌になっていくのです。


どんな乾燥肌ケア商品を使っても未だに乾燥肌で悩んでいるのであれば、それは肌の深層部が肌本来の性能を発揮できないほどに荒れているのではないですか?


”化粧品””クリーム””ステロイド”主体の乾燥肌対策を一度リセットして、肌の深層部の細胞を整えるケア方法に変えてみてはいかがですか?


みんなの肌潤糖






カテゴリ
リンク集
最近の記事
タグクラウド
Powered by さくらのブログ
Copyright © 皮膚のかゆみ、湿疹、アレルギーに困っていますか? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ひまわり証券で口座開設