皮膚 かゆみ,発疹 かゆみ,皮膚 アレルギー,顔 湿疹,顔 かゆみ

記事一覧

乾燥肌克服方法
どんなに薬を塗っても、化粧品を変えても、サプリを飲んでも乾燥肌・アトピー肌が治らない・・・もう、乾燥肌もアトピーも体質だから仕方がない・・・とあきらめていま…

記事を読む

日常から乾燥肌対策を!
暑い夏もようやく終わりを告げそうで、秋の気配が感じられますね。ところで、乾燥肌の方にとっては辛い辛い冬がすぐにでもやってきます。冬は空気そのものが乾いている…

記事を読む

皮膚のかゆみ、湿疹に「奇跡の肌砂糖」を
長年何をやっても改善しなかった肌トラブルのなかでも、特にアトピーや乾燥肌、ごわごわ肌などで悩んでいる方の多くが、「もっと早く知ってれば何年も悩む事はなかった…

記事を読む

薬もクリームも化粧品もサプリも効かない・・・


どんなに薬を塗っても、化粧品を変えても、サプリを飲んでも乾燥肌・アトピー肌が治らない・・・

もう、乾燥肌もアトピーも体質だから仕方がない・・・とあきらめていませんか?

ステロイド系の薬も、初めのうちは効果があるのですが、やはり使い続けると効果がなくなってきます。
薬に対して、体が対応してしまう事が原因です。
いわゆる「慣れ」です。

化粧品やサプリなども同じく、体が「慣れ」てしまうという事があります。

どちらにしても、それらは”応急処置”のレベルを超えることはできません。


長く辛い思いばかりしてきた乾燥肌・アトピー肌、その苦悩の日々にやっと終わりが来ました



乾燥肌もアトピーも、肌表面だけでなく、もっと深層部の細胞が理路整然と並んでいないために、肌本来の機能をしていない事が原因。


薬や化粧品などは、肌に良いと思われる成分を科学的に肌から浸透させる、というアプローチが主なやり方です。

しかし、ひどい乾燥肌やアトピーの場合は、もう根本的な肌深層部が機能していないため、うわべだけ肌表面に薬用成分を塗り込むだけでは、一時的な応急処置にしかなっていない、というのはもう十分に理解されているはず。

まだ気づいていないだけで、もっとナチュラルで自然に肌深層部を保湿する方法、その答えが「みんなの肌潤糖」なんです。


砂糖だけでは肌には浸透しませんが、浸透しやすく加工された「みんなの肌潤糖」の特殊な砂糖は、肌深層部にまで自然に浸透します。


1,2ヶ月では効果が現れないかもしれませんが、長く使い続けることで肌深層部の細胞が徐々に本来の形を取り戻ます。


低分子化されたコラーゲン、ステロイド、アロエ抽出成分、尿素・・・

これら、科学の発展と共に重宝されている成分とは一線を画した、自然で浸透力の高い保湿成分である砂糖。


いままで何をやっても改善されなかった投薬、塗り薬、肌ケア商品、飲むコラーゲン・・・

もう試すことは無い、そう思われているのであれば、自然で深い保湿ができる「みんなの肌潤糖」という、全く別のアプローチ方法を試してみてはいかがでしょうか?

ひどい乾燥肌、アトピーに長い年月に渡って辛い思いをしてきた多くの人たちが、ワラをもすがる思いで「みんなの肌潤糖」にたどり着き、長年の苦しみから解放されています。

あなたも普通の肌を取り戻せれば、冬でも乾燥に気を遣う事もなく、長袖の服の材質を気にする事もない、そんな”自由”な生活が送れるようになりますよ。


他の人と同じように、やっと・・・肌のコンディションを気にせず生活できるようになれました!






 カテゴリ
 タグ

スチーマーなどで、早めに冬の乾燥肌対策を!


暑い夏もようやく終わりを告げそうで、秋の気配が感じられますね。

ところで、乾燥肌の方にとっては辛い辛い冬がすぐにでもやってきます。

冬は空気そのものが乾いているので、皮膚から水分がどんどん空気中に蒸発していきますから、余計に乾燥肌の方は辛いんです。

乾燥肌の方は、とにかく常時保湿を心がけることです。

乾燥するとかゆいためかいてしまいがちですが、それは逆効果で、かくことで肌表面を乾燥から守ってくれている皮脂がはがれてしまい肌そのものが露出するうえに、肌表面が荒れる事でますます水分が蒸発してかゆくなります。


乾燥肌の方は、他人がなんと言おうと、とにかく保湿。

クリームなどで常に肌表面を保護しておくことが大切です。

お風呂上がりは特に注意してください。

タオルで全身を拭いた直後、肌にほんの少し水分が残っている時は、実はものすごい勢いで肌から水分が蒸発しています。

タオルドライをしたら、全身に化粧水やボディクリームなどを塗ること。

一にも二にも、保湿!保湿!を心がけて下さい。

ボディクリームは高価なものでなくて大丈夫です。
安価でたっぷり量の入っているものを選びましょう

また、部屋はスチーマーなどで常に湿度を保っておくこと。

冬にスチーマーは乾燥肌の方にとっては必需品ですし、美容のためにも簡易的なものでなく、性能の良い物を持っておきたいものです。

肌表面も、周りの空気も常に保湿を心がけて、皮膚がかゆくならない状況をまずは作る努力をしていきましょう。









奇跡の肌砂糖が名前を変更!


長年何をやっても改善しなかった肌トラブルのなかでも、特にアトピーや乾燥肌、ごわごわ肌などで悩んでいる方の多くが、

「もっと早く知ってれば何年も悩む事はなかったのに」

と、ある意味悔しさを爆発させている(?)、究極の肌ケアとして口コミだけで売れている「奇跡の肌砂糖」ですが、

このたび、名称を変更したそうです。

その名も、 「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」

前の名前の”砂糖”という部分が、食品を連想させるため、食べる肌ケア商品だと思って購入される方も多かったらしく、砂糖という表現はやめたそうです。

みんなの肌潤糖、こっちのほうがいいですね。

みんなの肌潤糖は、もともと浸透力抜群の砂糖をさらに浸透しやすく加工、特殊オイルでコーティングしたという、普通の肌ケアに慣れている人からみたら、

え、そんな方法もあったわけ?

と驚く、全く新しい目から鱗の方法で乾燥肌やアトピーにアプローチ。

肌の深層部分までどっぷりと保湿し、その保湿体制を慢性化させることでガタガタになっている肌細胞を正常に戻してあげよう、というケア商品です。

保湿クリームのように、空気中に水分が逃げないように膜を張る、というものではなく、肌細胞そのものをどっぷりと保湿してしまうことで、徐々に本来の肌細胞に戻していくためのサポートケアをするものです。

薬のような副作用も全くありません。

ただ、保湿クリームやかゆみ止めのような、一時的にかゆみを押さえ込もうというものではなく、砂糖の浸透力を利用して肌深層部にまで水分を浸透させることを毎日繰り返す事で、健康な肌に戻そうとするもの。

だから、時間はかかりますし、みんなの肌潤糖を使ってケアしている期間は、やっぱり保湿クリームなどを併用する必要があるんですよ。

でも根気よくみんなの肌潤糖を使い続けた人の多くが、年間レベルで悩み続けてきた乾燥肌やアトピーから抜け出して、普通に生活できるようになっているのはまぎれもない事実なんです。

だからこそ、テレビMもしていないのに、発売1年未満で5万個以上も売れているわけです。

口こみだけですよ!
すごいものです。

みんなの肌潤糖を作った方は相当の苦労(5年&2億円くらいかかったそうです)をされたみたいですが・・・。





カテゴリ
リンク集
最近の記事
タグクラウド
Powered by さくらのブログ
Copyright © 皮膚のかゆみ、湿疹、アレルギーに困っていますか? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ひまわり証券で口座開設